予防について

これまで歯科医院へは歯が痛くなってから行くところ、というのが普通でした。しかしそれでは虫歯や歯周病が進行してしまっていたりして、もはや手遅れということも少なくありません。そのために普段から定期的に検診を行い、虫歯や歯周病を未然に防ぐための予防歯科という概念がとても注目されてきています。

予防歯科で大切なこと

まず虫歯や歯周病の予防の目的として、歯のクリーニング(プラークや歯石の除去)を行います。特に歯石は歯ブラシではとれないので、歯科医師や衛生士が専門の器具を使って取り除くことが必要です。
また、毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届かないところ、汚れが溜まりやすいところがでてきます。その部分を徹底的にクリーニングし、また、効果的に磨いていただけるよう歯ブラシの指導を行います。
 

お子様にも予防歯科を

お子さんにはフッ素塗布も行っています。歯の表面の汚れをとった後にフッ素を塗ることで、汚れが付きにくく虫歯になりにくくなります。特にフッ素は萌出したての永久歯に効果的で、定期的に塗布することをお勧めします。

 

診療案内

Treatment Menu