一般歯科

虫歯や歯周病の治療をはじめ、失ってしまった歯を補うためにブリッジや義歯を作ります。治療にあたっては、レントゲンや口腔内写真を見ながら、患者さんにわかりやすい説明を心がけています。お口の中全体を見渡し、より長く、より快適な口腔環境を維持できるよう治療方針を立案していきます。

 虫歯治療

虫歯は口の中の汚れ(プラーク)にすみつく虫歯菌(主としてミュータンス菌)に感染することから始まります。この虫歯菌は口の中に入る糖分を栄養として酸を作り出し、酸に弱い歯の表面(エナメル質)を溶かし歯に穴をあけてしまいます。こうして虫歯は進行していきますが、虫歯には進行により各段階があり、またそれぞれ治療方法も変わってきます。放置すればそれだけ虫歯は進行してしまうので早期発見が非常に大切になりますので、定期的に検診を受けましょう。

C0:虫歯になる前の段階

C1:虫歯の第一段階

C2:象牙質に進んだ虫歯

C3:神経まで進んだ虫歯

C4:歯全体に進んだ虫歯

 

牛込神楽坂デンタルオフィスでは、できるだけ痛みのない、できるだけ削らない、できるだけ歯の神経を残す治療を心がけています。

 

歯周病治療

歯周病は、プラークや歯石の中に棲みつく歯周病菌が毒素を出して歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える顎の骨を徐々に溶かしていく病気です。日本における成人の約8割が初期の歯周病にかかっているか、その予備軍である歯肉炎にかかっているといわれ、歯を失う最大の原因とされています。
ある程度進行するまで自覚症状がないため、歯科医院での専門的な検査を受けて早期発見、早期治療を行うことが重要です。また全身疾患との関係も深く、糖尿病などに罹患していると、身体の抵抗力が低下し歯周病が進行しやすくなります。

P1:歯肉炎

P2:軽度歯周炎

P3:中等度歯周炎

P4:重度歯周炎

 

診療案内

Treatment Menu